周りの熟年離婚が引き金となり・・・

元々、日本はアメリカなどと違い、離婚自体が非常に少ない国です
離婚をすること自体がとても恥ずかしいという意識も強く、思っては
いても実際には踏み切れないという人も多いです


しかし、逆に日本ほど周りに流されやすい国もありません
周りの人間がすることで「僕も、ワタシも」というふうに考え
同じように続いてしまうパターンですね


たとえば離婚とは関係の無い話ですが、一時期前に若い女の子が
真っ黒に肌を焼くのが可愛いというのが流行った時期があります
「ガングロ」と呼ばれていたモノですね


その後、すぐにやっぱり美白のほうが良いとなり、
あまり見なくなりましたが、かなり沢山の女子高生で
肌の黒い人を見かけました


その後、減ってきたと同時に、テレビのワイドショーで
アナウンサーが街角で高校生たちにインタビューをしていました
内容はガングロについてです


すると以前は自分もしていたという高校生も何人か居て、
なんでしたのかと聞いたらほとんどの子が・・・


「周りの子たちがしていたから」


全然、良いと思っていなかったのに、周りの子がしていたことで
そのときの風潮で流されたんですね。注意していただきたいのは、
何も「ガングロ」が悪いといっているわけではありません


ガングロにいまでもプライドを持っている人間もいます
周りからとやかく言われてもビクともしません。あれはあれで
スゴイなぁと思うぐらいです


問題は、周りがガングロにしたからというだけで、自分も
ガングロにした子たちですね。これと同じように離婚に
踏み切れなかった人たちはこれから先、増えればそれに比例して
ますます増えていくでしょう


実際、できちゃった結婚も増えていますからね・・・

関連エントリー